彼には離婚歴があるのですが一生愛されるにはどうしたらよいでしょうか

私は二十六歳の女性です。一年ほど前から、で会った三十四歳の一児の父であるAと結婚の約束をして交際しています。Aは先妻とは生き別れです。一児は先妻が引き取っています。Aは背が高く、ハンサムですてきな人です。私は背は人並みですが、顔はいわゆるブスに属すると自覚しています。そのため、デートのたびにいつもひけ目を感じ楽しい思いをしたことがありません。もっとも、いまは化粧でカバーしているからいいものの、結婚してからAにきらわれはしまいかと恐ろしくてなりません。そして、Aの心が変わり、浮気をされたりしたら、と思うと私はどうしてよいのかわかりません。でも私はAを愛しております。かといって、一方的な愛情だけでなく、Aに一生愛されて行くにはどうすればいいでしょうか。

〈回答〉「Aに浮気をされはしないか」と、心配しておいでですが、それは、Aさんが先妻と離婚した原因がなんであったかによります。もし、Aさんの浮気あるいは女性問題が原因だったとすれば、こういう男性は、そのような性向をもっているのであって、簡単に変わるものではありません。当人は、「あれは一時の迷いだった」とか、「性格を改造した」とか思っていても、繰り返す可能性があります。これに反し、先妻が、美人だったけれども気が強かったとか、家庭的でなかったとかいうことで、Aさんが、こりごりして離別したのなら、ほとんど心配はいりません。たとえあなたが美人でないとしても、彼が望んでいるのは、心のやさしさであって、これをあなたが惜しみなく発露させれば、彼は、いつまでもあなたを愛しつづけるでしょう。だいたい、どんなすばらしい美人であっても、妻となり、一つ屋根の下で長い年月を暮らすうちには、感動もなくなるものです。美人を鼻にかける場合には、夫のほうは鼻もちならぬと思い、鼻につくようになります。彼に一生、愛されたいと熱望なさるなら、彼が最も好ましく思う性格のもち主になり、彼が描くイメージにそった家庭をつくることが、根本です。美容整形なんかしても、彼は喜ぶどころか、幻滅するでしょう。やさしさ、うるおい、細やかな心くばり、あたたかさ、しっかりした自主性、一家をあずかる主婦としての落ち着き、自信、独特のもち味……そういう内面からにじみ出るものを育ててください。なお、将来Aが先妻の子と会いたがった場合には、せいぜい寛大な心で対処されるように。

出典:

Comments are closed.